Bリーグ・熊本ヴォルターズ、プロスポーツクラブ初のICO実施計画を発表…NBA挑戦を支援 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

Bリーグ・熊本ヴォルターズ、プロスポーツクラブ初のICO実施計画を発表…NBA挑戦を支援

スポーツ 短信
Bリーグに所属する熊本ヴォルターズの運営会社「熊本バスケットボール」は、プロスポーツクラブとして世界初となるICO(Initial Coin Offering)の実施計画を発表した。

同社は、ホームタウンである熊本県の地域活性化と若手選手育成支援によるチーム力強化を目指した「プロモーションポイントとデジタルアセットを発行するプラットフォーム」を構築するために、仮想通貨による資金調達を行うICOを計画。ICO実施についての決定は、ステークホルダー、Bリーグ、関係官庁、自治体、企業、団体の皆様と協議を行った上で行う。

プロジェクトでは、ブロックチェーン基盤のひとつであるEthereumのトークンとしてKVC(Kumamoto Volters Coin)を発行、ICOにて付与する。KVCはプラットフォームにデポジットすることで、プロモーションポイント「KSP(Kumamoto Supporter Point)」、クラウドファンディングの支援金のお礼として付与する「DA(Digital Asset:ブロックチェーン上に所有権が記録されたサインや写真、トレーディングカード等)」を発行できる。

同社はICOにより、「熊本ヴォルターズとパートナー企業・団体を起点とした地域活性化」と「才能ある若手選手の海外強豪リーグ、NBAへの挑戦を支援する仕組み」の実現を目指す。

地域活性化では、熊本県で共通して利用できるプロモーションポイントシステムを導入。パートナー企業・団体を起点にプロモーションポイント配布・流通させ、熊本地震からの復興と地域活性化を支援していく。

若手選手育成支援では、ブロックチェーン上のDAとして将来有望な若手選手(ユースチームを想定)のサインや写真、トレーディングカード等を発行・販売することで、クラウドファンディングによる資金調達を可能とするプラットフォームを構築。才能を見出された選手が、海外強豪リーグやNBAで活躍することを目指す。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

まとめ

スポーツ アクセスランキング

  1. 【リオ2016】競泳・瀬戸大也、気持ちは東京五輪へ「4年後東京で活躍できるように頑張る」

    【リオ2016】競泳・瀬戸大也、気持ちは東京五輪へ「4年後東京で活躍できるように頑張る」

  2. 表紙・巻頭に羽生結弦 ロシア杯とNHK杯を全面撮りおろしで特集 『フィギュアスケートぴあ ~moment on ice~』発売

    表紙・巻頭に羽生結弦 ロシア杯とNHK杯を全面撮りおろしで特集 『フィギュアスケートぴあ ~moment on ice~』発売

  3. ISU欧州、四大陸選手権などフィギュアスケート選手権をJ SPORTSが放送

    ISU欧州、四大陸選手権などフィギュアスケート選手権をJ SPORTSが放送

  4. クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

  5. 【THE ATHLETE】世界が興奮!ラグビー日本代表の大金星、ラストワンプレーで大逆転を遂げた強い心

  6. なんとかして負けたい力士? がんばれ!服部桜!

  7. プロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」をスカイAが放送

  8. 元祖ロナウドが選ぶ「史上最強のブラジル代表」あの元Jリーガーもいるぞ!

  9. 1939年に書かれた「水泳十則」がスゴい...他のスポーツや日常生活にも役に立つ

  10. 伊藤みどり、町田樹が語る「現代へ繋がるジョン・カリーの存在」

アクセスランキングをもっと見る

page top