夏の高校野球で起きた、珍記録5選 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

夏の高校野球で起きた、珍記録5選

スポーツ まとめ
松井秀喜 参考画像(2015年10月17日)
  • 松井秀喜 参考画像(2015年10月17日)
  • 甲子園球場
今年で第98回を迎える全国高等学校野球選手大会。もう既に、甲子園出場を決めているチームも増えてきた。

プロ野球とは違い、負ければ終わりの一発勝負の中、これまで高校球児達は、幾度の熱いプレーを見せてくれた。

今回は、そんな高校野球だからこそ起きた、珍記録5選を紹介する。


1.松井秀喜、5打席連続敬遠

1992 年8月16日に行われた、第74回全国高等学校野球選手権大会2回戦の明徳義塾対星稜でこの出来事は起きた。

松井秀喜氏(当時3年)は、1年生から4番を任され、甲子園出場を果たしていた。対戦相手の明徳義塾・馬淵史郎監督(当時)は「高校生の中に一人だけプロがいる」と松井氏を評価し、直接勝負を避けることを決めたのだ。そしてこの試合、松井氏は全5打席に立ち、ランナーがいない場面でも敬遠され、全打席で勝負を避けられたのだ。

最終打席で敬遠された際には、スタンドから野次が飛び交い、グランドにメガホンなど、物が投げ込まれる騒動へと発展した。この事態にマスコミや高校野球連盟からは明徳義塾に対し、バッシングが相次いだ。



《荒井隆一》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top