川口能活「家族がいたから乗り越えられた」…彼専用ゼクシィに登場 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

川口能活「家族がいたから乗り越えられた」…彼専用ゼクシィに登場

スポーツ 選手

川口能活「家族がいたから乗り越えられた」…彼専用ゼクシィに登場
  • 川口能活「家族がいたから乗り越えられた」…彼専用ゼクシィに登場
  • 川口能活「家族がいたから乗り越えられた」…彼専用ゼクシィに登場
  • 川口能活「家族がいたから乗り越えられた」…彼専用ゼクシィに登場
  • 川口能活「家族がいたから乗り越えられた」…彼専用ゼクシィに登場
  • 川口能活「家族がいたから乗り越えられた」…彼専用ゼクシィに登場
  • 川口能活「家族がいたから乗り越えられた」…彼専用ゼクシィに登場
  • 川口能活「家族がいたから乗り越えられた」…彼専用ゼクシィに登場
結婚情報誌「ゼクシィ」は、サッカー選手の川口能活を起用した「彼専用ゼクシィ」を10月23日(月)発売のゼクシィ12月号の綴込み付録にすることを発表した。

「彼専用ゼクシィ」は、半年に一度、ゼクシィの付録として登場する花婿向けの結婚準備ブックだ。今回は、現役サッカー選手として活躍中の川口を起用。アスリートにとっての家族の存在や結婚生活など、プライベートについて川口が語る。誌面には、見慣れたユニフォーム姿ではなく、タキシード姿で登場する。

川口は、結婚の決め手を「素の自分でいられること」とコメント。今まで参列した結婚式の中では、横浜マリノス時代のチームメイトの披露宴が印象に残っていると話し、「20年以上前に、数人で歌と踊りを披露しました。当時Jリーグは水曜・土曜の試合サイクルで、試合の前日しか集まれなかったので、狭いホテルの一室でバレないように練習していましたよ」と思い出を語った。

41歳現役プレイヤーの川口は、「何度も辞めようかと思いましたけど、家族がいたから乗り越えられたんです」と振り返り、「J1チームや日本代表としてプレーする華々しい選手生活から環境が変わり、カテゴリーが落ちるにしたがって離れていく人もいました。しかし妻だけは常に同じ気持ちで応援し、支えてくれた。彼女がいなかったら今ピッチに立っていませんね」と話した。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top