ウォリアーズが快勝、NBAファイナル連覇に王手 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ウォリアーズが快勝、NBAファイナル連覇に王手

スポーツ 短信

ウォリアーズが快勝、NBAファイナル連覇に王手(c)Getty Images
  • ウォリアーズが快勝、NBAファイナル連覇に王手(c)Getty Images
  • バスケットボール イメージ
NBA(米国プロバスケットボールリーグ)は6月10日、ファイナル第4戦でクリーブランド・キャバリアーズとゴールデンステイト・ウォリアーズが対戦し、ウォリアーズが108-97で勝利を収めた。対戦成績を3勝1敗としたウォリアーズが連覇に王手をかけている。

第3戦を30点差で取ったキャバリアーズは、この試合もホームでリードを奪う。前半を55-50で折り返しクイックン・ローンズ・アリーナの観客からは大きな歓声が浴びせられた。しかし、トリスタン・トンプソンをベンチに下げスモールラインナップにしたところからリバウンドが取れなくなり、徐々に流れがウォリアーズへ傾き始める。

オフェンスリバウンドが取れなくなったキャバリアーズは、前半に見られた波状攻撃が減り、逆転を許すと焦りから単調な攻めが増えボールを失う。

一方のウォリアーズは常に自分たちのバスケットボールを展開。第3戦まではキャバリアーズのディフェンスに抑えられ、得点が伸び悩んでいたスプラッシュブラザーズもステフィン・カリーが38得点、クレイ・トンプソンが25得点と活躍。チーム全体では17本の3ポイントシュートを決めた。

敵地で勝利したウォリアーズはファイナル連覇に王手をかけ地元に帰る。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top