【WBC2017】日本と岡田俊哉を救った小林誠司の気遣い…侍ジャパンの正捕手として確かな成長を見せる | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【WBC2017】日本と岡田俊哉を救った小林誠司の気遣い…侍ジャパンの正捕手として確かな成長を見せる

スポーツ 選手
侍ジャパン・小林誠司(2017年3月8日)
  • 侍ジャパン・小林誠司(2017年3月8日)
  • 侍ジャパン・岡田俊哉(2017年3月8日)
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドB組の試合が3月8日に行われ、日本代表がオーストラリア代表に4-1で勝利した。メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』も、この勝利で日本の2次ラウンド進出はほぼ決まったと伝えている。

記事は中田翔(日本ハム)の勝ち越しソロが日本に勝利をもたらしたと伝え、打のヒーローとして筒香嘉智(DeNA)の2試合連発となる2ランも挙げた。



さらに『MLB.com』は試合のハイライトとして、五回途中からマウンドに上がった岡田俊哉(中日)を取り上げている。

球数制限に達した菅野智之(巨人)に代わって1死一、二塁でマウンドに上がった岡田だが、このとき顔は緊張のため硬直し、顔面蒼白とはこのことかという表情をしていた。暴投でランナーをニ、三塁に進めるとデビッド・カンディラスには1球もストライクが入らず四球。

続くジェイムズ・ベレスフォードにも2球続けてボールを投げ、マウンド上で放心状態の岡田。ここで捕手の小林誠司がマウンドに駆け寄り、「思い切って投げろ」と声をかける。満員のスタンドからも「岡田頑張れ!」の声援。孤独の中で投げていると思っていた岡田は、自分の周りに大勢の味方がいることを再確認した。

自分を取り戻した岡田は渾身の直球を投げ込む。この球で内野ゴロを打たせ併殺でピンチ脱出。小久保裕紀監督も「試合の大きなポイントだった」と語る場面を、記事は『ストライクは1球で十分』の見出しとともに伝えた。

YouTube公式チャンネルでも360度カメラによる撮影で、併殺の瞬間の盛り上がりをピックアップしている。


タフな場面を乗り切った岡田と、全日本の正捕手として確かな成長を見せた小林にファンからは、「顔面蒼白で目も虚ろだったし、相当プレッシャーあったんだろうな」「間違いなく昨日のヒーロー」「昨年までの小林だったらあそこでマウンドに行ってなかったと思う」「本大会が始まってから小林が頼もしすぎる」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top