イングランド代表、ロシアと引き分け…ルーニー「ポジティブな面も多かった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

イングランド代表、ロシアと引き分け…ルーニー「ポジティブな面も多かった」

スポーツ 選手

イングランド代表 参考画像(2016年6月11日)
  • イングランド代表 参考画像(2016年6月11日)
  • ウェイン・ルーニー 参考画像(2016年6月11日)
サッカーイングランド代表は欧州選手権(EURO)初戦でロシアと引き分けた。終了間際の失点で勝ち点3を逃したイングランドには、改善されない勝負弱さを指摘する声が多い。

だが同国代表の大黒柱ウェイン・ルーニーは気にしていないようだ。試合後に更新したインスタグラムで、「残念だがポジティブな面も多かった。次のウェールズ戦を楽しみにしている」とコメントした。

ロシア戦でルーニーは中盤の真ん中で出場。広い視野と落ち着いたプレーで味方に多くのチャンスを作り出していた。

16日にイングランドが対戦するウェールズは、今回がEURO本戦初出場。初戦ではスロバキアと対戦し、2-1で初勝利を収めている。

地理的にも近い両国は同地区のライバル。負けられない試合を前にファンからは、「ポジティブな面があったことは事実。しかし、それが結果につながらなかったのも事実。次こそ良い結果になると信じてる」「私たちはあらゆる場所、あらゆる瞬間にイングランド代表を応援しています」「ウェールズ戦は絶対に勝つ必要ある」「不運だったね。だけど君のプレーは良かったし、多くのチャンスを作ってたよ」などの声が寄せられている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top