全日本総合エアロビック選手権、日本一が11部門で決定…斉藤瑞己が史上初の6連覇 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

全日本総合エアロビック選手権、日本一が11部門で決定…斉藤瑞己が史上初の6連覇

スポーツ 短信
全日本総合エアロビック選手権、日本一が11部門で決定…斉藤瑞己が史上初の6連覇
  • 全日本総合エアロビック選手権、日本一が11部門で決定…斉藤瑞己が史上初の6連覇
  • 全日本総合エアロビック選手権、日本一が11部門で決定…斉藤瑞己が史上初の6連覇
  • 全日本総合エアロビック選手権、日本一が11部門で決定…斉藤瑞己が史上初の6連覇
  • 全日本総合エアロビック選手権、日本一が11部門で決定…斉藤瑞己が史上初の6連覇
  • 全日本総合エアロビック選手権、日本一が11部門で決定…斉藤瑞己が史上初の6連覇
  • 全日本総合エアロビック選手権、日本一が11部門で決定…斉藤瑞己が史上初の6連覇
  • 全日本総合エアロビック選手権、日本一が11部門で決定…斉藤瑞己が史上初の6連覇
エアロビック競技の日本一を決定する「スズキジャパンカップ2018 第35回全日本総合エアロビック選手権大会 全国大会」が11月4日(日)に開催され、エアロビック競技11部門が行われた。

東京都大田区総合体育館で開催された同大会には、東日本、東北、西日本、九州、中部の各地区大会を勝ち抜いた選手たちが出場。シニア5部門にのべ64名、ユース6部門にのべ80名の計144名が参加し、11部門でエアロビック競技の日本一が決定した。

シニアの部 男子シングル部門は、斉藤瑞己選手が高難易度の技を次々と繰り出し、昨年の得点を上回る22.850点の高得点で史上初の6連覇を達成。シニアの部最高得点者の文部科学大臣杯が贈られた。シニアの部 女子シングル部門は、世界ランキング1位となった北爪凜々選手が、21.850点と2位に大差をつける高得点で優勝。シニア4連覇を達成した。

ユース2男子シングル部門は、今村一歩選手が2位に差をつけて優勝。混戦となったユース2女子シングル部門は、橋爪里於選手が0.1ポイント差で優勝を勝ち取った。ユースの部最高得点となった橋爪選手には、NHKグローバルメディアサービス杯が贈られた。

大会は日本代表選手選考会も兼ねており、シニア各部門2位まで(16.500点以上)の選手と組、ユース各部門の優勝選手、優勝組が日本代表として出場する予定だ。なお、大会の模様は、NHK BS1にて11月17日(土)12時~13時50分に放送される。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top