ロッテ、同一カード3連勝…阪神は頼みの藤浪晋太郎が誤算 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロッテ、同一カード3連勝…阪神は頼みの藤浪晋太郎が誤算

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
ロッテは6月9日、QVCマリンフィールドで阪神と対戦。序盤から得点を重ねて終始試合をリード。7-2で快勝し、同一カード3連勝を飾った。

ロッテは初回、相手のバッテリーミスや角中勝也外野手の適時打で2点を先制すると、続く2回裏には走者を二塁に置いて、田村龍弘捕手の適時打などで2点を追加。その後、阪神に2点を返されるも、5回裏には、井口資仁内野手の適時打などで3点を追加した。投げては、先発の二木康太投手が安定感のある投球内容で6回を2失点に抑える好投を見せた。

これに対して、「二木4勝目おめでとう!今日はキャプテンといい高濱といい打線がつながったね!高濱はまだまだ伸びしろがありそうだね。田村のバッティング上向きじゃない?」「藤浪、能見に勝てたのは大きいね」「先発3人がしっかり投げたからこその3連勝ですね!この勢いでヤクルトも倒しちゃいましょう!」「藤波相手にこんなに楽にゲーム進められるとは思わなかったわ。それにしても、これだけ打った後は反動が出そうだよなぁ・・広島後の横浜相手みたいに」など、3連敗の後の3連勝に安堵するロッテファンの声が寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top