本田真凛、望結、紗来が読売新聞のアンバサダーに就任 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

本田真凛、望結、紗来が読売新聞のアンバサダーに就任

スポーツ 選手

本田真凛、望結、紗来が読売新聞のアンバサダーに就任
  • 本田真凛、望結、紗来が読売新聞のアンバサダーに就任
  • 本田真凛、望結、紗来が読売新聞のアンバサダーに就任
読売新聞は、フィギュアスケート選手の本田真凜、女優・フィギュアスケート選手の本田望結、本田紗来の3姉妹を読売新聞の「アンバサダー」に起用した。

自宅のリビングで新聞を読みながら世の中で起きているさまざまな出来事を話題にする家族のイメージに、年齢も含めてぴったりだということから3人をアンバサダーに起用。3姉妹そろってのアンバサダー起用は、今回が初めてとなる。

3姉妹はアンバサダーとして、テレビCMやWEBサイトに登場。高校1年生の真凜が読売新聞、中学1年生の望結が読売中高生新聞、小学校4年生の紗来が読売 KODOMO 新聞の魅力やキャンペーン情報をアピールする。8月26日(土)、27日(日)に放送されるNTV「24時間テレビ」のCM枠で流れるメッセージビデオにも登場する。

真凜はアンバサダー就任にあたり、「3人揃ってCMに出演する機会はなかったので、楽しんでアンバサダーを務めたいと思います」とコメント。今後3人は、それぞれの世代に向け、読売新聞をPRしていく。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top