リオネル・メッシ、アルゼンチン代表引退を表明「私の役目は終わった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

リオネル・メッシ、アルゼンチン代表引退を表明「私の役目は終わった」

スポーツ 短信

サッカーアルゼンチン代表のリオネル・メッシ 参考画像(2016年6月26日)
  • サッカーアルゼンチン代表のリオネル・メッシ 参考画像(2016年6月26日)
  • サッカーアルゼンチン代表のリオネル・メッシ 参考画像(2016年6月26日)
コパ・アメリカ決勝戦が6月26日に行われ、チリ代表がアルゼンチン代表とのPK戦を制し、2大会連続の優勝を果たした。試合後にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが代表引退を表明した。

2大会連続同じ顔合わせになったチリとアルゼンチン。120分間で決着がつかずPK戦にもつれるのも前回と同じだった。PK戦ではチリひとり目のアルトゥーロ・ビダルが失敗。だがアルゼンチンもメッシが失敗してリードすることはできなかった。

その後は両チームふたり続けて成功するが、アルゼンチンは4人目のルーカス・ビリアが失敗。チリは5人目のフランシスコ・シルバが決めて4-2の勝利を収めた。

アルゼンチンは2014年のFIFAワールドカップ、2015年のコパ・アメリカに続いての準優勝。またもあと一歩で頂点には届かなかった。自らの失敗もあり敗れた試合後、メッシの目は心なしか潤んでいた。

マイクを向けられたメッシは、「私の代表での役目は終わった」と代表引退の意向を表明した。

「私は代表でのタイトルを強く欲していた。そのためにできることは全部やった。だけど叶わなかった」

“マラドーナの再来”と期待されたメッシだったが、A代表では母国にタイトルをもたらすことができなかった。まだ29歳のメッシに「代表引退は早すぎる」との声もあるが、果たしてこのまま宣言通り代表のユニフォームを脱いでしまうのか。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top