チリが7点差の大勝、アルゼンチンはメッシのメモリアル弾でコパ・アメリカ4強入り | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

チリが7点差の大勝、アルゼンチンはメッシのメモリアル弾でコパ・アメリカ4強入り

スポーツ 短信

アルゼンチンはメッシのメモリアル弾でコパ・アメリカ4強入り(c)Getty Images
  • アルゼンチンはメッシのメモリアル弾でコパ・アメリカ4強入り(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
コパ・アメリカは6月18日、準々決勝2試合が行われアルゼンチンとチリがベスト4進出を決めた。すでに勝ち上がりを決めているアメリカ、コロンビアを含めた4チームが今大会の王座を争う。

●チリ7-0メキシコ

前回王者のチリとメキシコが戦った試合は、衝撃的なワンサイドゲームになった。チリは前半16分にエドソン・プッチがゴール前でこぼれ球を押し込むと、同44分にはエドゥアルド・バルガスも決めて2-0で後半に向かう。

そして後半のチリは圧巻のゴールショーを展開する。アルトゥーロ・ビダルの折り返しを受けたアレクシス・サンチェスが4分にゴール、バルガスが7分、13分、29分に連続ゴールを決め1試合4得点を達成した。

チリは終了間際の43分にもプッチが決め、メキシコを一蹴した。

●アルゼンチン4-1ベネズエラ

準々決勝もう1試合はアルゼンチンが強力アタッカー陣の活躍で勝利した。

アルゼンチンの先制点は前半8分、リオネル・メッシがエリア内に蹴り込んだロングボールに、ゴンサロ・イグアインが抜け出してネットを揺らす。イグアインは同28分、相手のパスが乱れたボールを奪って独走、最後はGKもかわして無人のゴールに2点目を流し込んだ。

後半15分にはメッシがガブリエル・バティストゥータが持っていた、アルゼンチン代表最多得点記録に並ぶ54ゴール目を挙げ試合を決定づけた。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top