長友佑都、熊本へ動画メッセージ「ひとつになれば必ず乗り越えられる」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

長友佑都、熊本へ動画メッセージ「ひとつになれば必ず乗り越えられる」

スポーツ 選手

長友佑都(インテル・ミラノ)のツイッターより
  • 長友佑都(インテル・ミラノ)のツイッターより
  • 長友佑都 参考画像(2016年4月23日)
  • 長友佑都 参考画像(2016年4月16日)
イタリア・セリエAのインテル・ミラノに所属するサッカー日本代表DF長友佑都が4月25日、熊本県を中心にした「平成28年熊本地震」の被災地への動画メッセージをツイッターに投稿した。

同日はツイッター上でファンから寄せられた質問に対し、長友が動画で答える企画を実施。さまざまな質問がファンから寄せられた中、最後に長友が答えた質問は、九州で大きな被害となっている地震についてのことだった。

「地震のせいで学校もサッカーをする場所もなくってしまいました…どうか、熊本みんなを奮い立たせる一言をお願いします!」という激励のコメントを求めるツイートに長友は応えた。

「イタリアで熊本の地震のニュースを聞き、本当に驚きました。とにかく今は、一人ひとりができることをやっていきましょう。小さいことでもいいから行動に移していきましょう。みんながひとつになれば、必ず乗り越えられると思います」

ファンからは、「私も自分にできることしたいと思います」「ますます好きになりました!ありがとう!」「私は熊本で震災にあいましたが長友選手のメッセージでとても励まれ、頑張ろうという気持ちになりました」などの声が挙がっていた。

長友は熊本県益城町で4月14日に発生した震度7の「前震」の直後から、被災した人々を励ますメッセージを送り続けている。




《桜川あさひ》

編集部おすすめの記事

page top