キーパーなしの超攻撃的サッカー!ナイキ「WINNER STAYS TOKYO」を体験してみた | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

キーパーなしの超攻撃的サッカー!ナイキ「WINNER STAYS TOKYO」を体験してみた

スポーツ まとめ

キーパーなしの超攻撃的サッカー!ナイキ「WINNER STAYS TOKYO」を体験してみた
  • キーパーなしの超攻撃的サッカー!ナイキ「WINNER STAYS TOKYO」を体験してみた
  • キーパーなしの超攻撃的サッカー!ナイキ「WINNER STAYS TOKYO」を体験してみた
  • キーパーなしの超攻撃的サッカー!ナイキ「WINNER STAYS TOKYO」を体験してみた
  • キーパーなしの超攻撃的サッカー!ナイキ「WINNER STAYS TOKYO」を体験してみた
  • キーパーなしの超攻撃的サッカー!ナイキ「WINNER STAYS TOKYO」を体験してみた
  • キーパーなしの超攻撃的サッカー!ナイキ「WINNER STAYS TOKYO」を体験してみた
  • キーパーなしの超攻撃的サッカー!ナイキ「WINNER STAYS TOKYO」を体験してみた
ナイキは、「NIKE FOOTBALLX WINNER STAYS TOKYO」の試合を盛り上げるために、新たなルールを導入した。4月29日~5月22日の期間中、東京都内の特設会場で開催する。

「NIKE FOOTBALLX WINNER STAYS TOKYO」は、満13歳以上の男女が誰でもエントリーできる4対4(ゴールキーパーなし)のミニコートで行われる超攻撃的なサッカーバトルだ。

新ルールでは、制限時間8分で3点先取したチームが勝利する。1点得点するごとに制限時間が1分短縮されるため、スピードを活かし早く得点することが勝負の鍵となる。 制限時間内にリードしているチームの勝利だが、制限時間内に勝敗がつかない場合は、両チーム敗退となる。

4月20日、メディア向けに行われた体験会に参加した。「ゴールキーパーなし」というルールであっても、実際はどのチームも1人がゴール前に立ち、キーパー的な役割を果たしていた。勝負の鍵は「スピードを活かすこと」と前述したが、スピードを活かしたショートカウンターが有効であった。相手が攻め込んできたところをなんとか守り、速攻をかけるということだ。
ゴール前で2vs1の状態をつくることができれば、ゴールの可能性はぐっと高くなる。また、ゴール前でいかにフェイクをかけてDF(GK的ポジションの人間)のタイミングをずらせるかもポイントとなりそうだ。ゴールが小さいので、相手がいる状態で中距離からのシュートを放ってもまず入らない。

4月11日よりエントリーは開始。4月29日~5月18日に「予選ラウンド」、5月22日に「FINALラウンド」が実施される。「FINALラウンド」を勝ち抜いた1チームは、6月にフランス・パリで開催される「グローバルファイナル」に無料で参加できる。

開催に合わせて、ナイキは4月11日~4月28日まで、東京都内の特設会場で「NIKE FOOTBALLX WINNER STAYS TOKYO」を誰でも無料で体験できる「ナイキ フリーコート」を展開する。なお、「ナイキ フリーコート」への参加は「Nike Football アプリ」のダウンロードが必要となる。
《大日方航》

編集部おすすめの記事

page top