オリックス、小谷野栄一の決勝本塁打で延長制す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オリックス、小谷野栄一の決勝本塁打で延長制す

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
オリックスは4月19日、東京ドームで楽天と対戦。終盤までは楽天のペースだったが、土壇場で追いつくと小谷野栄一内野手が決勝本塁打を放って3-2で勝利した。

オリックスは2点ビハインドで迎えた7回表、小谷野が起死回生のソロ本塁打を放って1点差に詰めよると、続く8回には糸井嘉男外野手の適時打で同点。延長にもつれ込み、11回表には再び小谷野が一発を放って試合を決めた。楽天は戸村健次投手が誤算だった。

これに対してファンからは、「小谷野のまさかの2発や!今年はガンガン活躍してもらいたい」「糸井も渋い働きしたし、ベテラン頑張ってるな」「昨年みたいなことがないように、ここで連勝して5割まで一気にもっていこか!」「今日は小谷野のおかげ。糸井に小谷野にやられたとかいって、梨田監督はかつての教え子だな」などさまざまな声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top