オリックス・小田、劇的なサヨナラ打で日本ハムとの延長戦を制す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オリックス・小田、劇的なサヨナラ打で日本ハムとの延長戦を制す

新着 製品/用品

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
オリックスは4月13日、京セラドーム大阪で日本ハムと対戦。1点を争う緊迫した試合はオリックス・小田裕也外野手が劇的なサヨナラ打。4-3で勝利した。

オリックスは1点ビハインドで迎えた5回裏、糸井嘉男外野手の3点本塁打で逆転に成功。しかし8回表、日本ハムの中田翔内野手に2点本塁打を浴びて同点とされる。試合は延長戦にもつれ込んで迎えた10回裏、オリックスは2死三塁の好機で小田が適時打を放って試合を決めた。

これに対して、「小田ナイス!まさか今日は勝てるとは思わなかった」「中田に打たれた時に、今日もダメかと思ったけど、サヨナラ勝ち!最高です!」「糸井もよう打ったし、小田もよう打った!今日は気分いいわ」「ヒヤヒヤさせないで、安心して勝てるゲームを期待しているぞ」など、ファンからはオリックスの勝利に安堵する声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top