オリックス、西勇輝が待望の今季初勝利…縞田拓弥が決勝の3点本塁打 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オリックス、西勇輝が待望の今季初勝利…縞田拓弥が決勝の3点本塁打

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
オリックスは4月17日、ほっともっとフィールド神戸で西武と対戦。先発の西勇輝投手が待望の今季初勝利を挙げ、試合は5-2で勝利した。

オリックスは1点ビハインドで迎えた4回裏、満塁の好機で安達了一内野手が犠飛を放って同点とすると、この日スターティングメンバーに抜擢された縞田拓弥内野手が今季第1号の3点本塁打を放って勝ち越した。投げては先発の西が6回を1失点に抑える好投を見せた。

これに対してファンからは、「残塁の多さが問題だ。一発はしかたないが大量点で勝てたはずだ」「西を打ち崩せなかった。西武がオリックスを勢いづかせた感が…」「縞田、ナイスバッティング!先発起用に見事に応えてくれた。次の試合も出てほしい」など声が寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top