【自転車ロード】ティンコフ・サクソが新体制を発表、デヨンフが監督陣のトップに | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【自転車ロード】ティンコフ・サクソが新体制を発表、デヨンフが監督陣のトップに

スポーツ 短信
ティンコフ・サクソの新体制、スティーブン・デヨンフ(中央)が監督陣のトップに
  • ティンコフ・サクソの新体制、スティーブン・デヨンフ(中央)が監督陣のトップに
  • チームオーナーのオレグ・ティンコフ
ロシア人実業家オレグ・ティンコフ氏がオーナーを務めるティンコフ・サクソが、ビャルネ・リース前チームマネージャー離脱後の新体制を4月3日に発表。リースの役割をスティーブン・デヨンフとステファノ・フェルトリンが分担することになった。

デヨンフはスポーツディレクター(監督)陣のトップとなり、チームの戦略、長期計画、レースプログラムを担当する。フェルトリンは、GMとしてチームの競技運営でより積極的な役割を引き受けることになる。

フェルトリンGMは、新体制について以下のように説明した。

「我々はチームマネージャー(リースの前職)という概念が存在しない運営体制を導入する。オレグ・ティンコフが述べていたように、それは古い考え方で、もはや現実的ではない」

「スティーブンの実績は証明されているし、日常の活動を継続しながら監督陣のトップに立つのに最適な人物だと思う。私もまたチームの競技運営でより積極的な役割を持つことになり、リースの仕事をスティーブンと分担することになる」

【ティンコフ・サクソが新体制を発表 続く デヨンフの意気込み】
《》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top