西武、終盤の集中打で逆転勝利…オリックスはリリーフが踏ん張りきれず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武、終盤の集中打で逆転勝利…オリックスはリリーフが踏ん張りきれず

スポーツ 短信

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
西武は4月16日、ほっともっとフィールド神戸でオリックスと対戦。両チームとも10安打を放った乱打戦は、西武が終盤に逆転し7-4で勝利した。

西武は1点ビハインドで迎えた8回表、満塁の好機を作ると、上本達之捕手が適時打を放って同点とする。続く好機に、浅村栄斗内野手の内野ゴロの間に1点を追加。さらに、坂田遼外野手に適時打が飛び出して2点を追加した。オリックスはリリーフ陣が1点差を守り切れなかった。

これに対して、「今日は勝ってほしかったけど、これが今の実力なのか…ショック」「リリーフは踏ん張らんと。こんな負け方、もう嫌やわ」「上本がまさかのタイムリー。あそこで1本出て、今日は勝ちを確信した」「金子が投げる試合で勝てないな。これはまずいぞ」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top