西武が接戦を制して4連勝…菊池が待望の今季初勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武が接戦を制して4連勝…菊池が待望の今季初勝利

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
西武は4月8日、QVCマリンフィールドでロッテと対戦。菊池雄星投手が6回を2失点に抑える好投を見せ、今季初勝利を挙げた。

開幕投手を務めた菊池が、今季3試合目で初勝利。西武は1点ビハインドで迎えた3回表、浅村栄斗内野手の犠飛などで逆転に成功。その後も効果的に加点した。投げては菊地が初回に先制点を許すも、それ以降は安定感のある投球を見せて待望の初勝利を挙げた。

これに対して、「雄星がやっと勝ったか!まずは1勝だけど、これからどんどん勝ってくれよ」「3度目の正直で初勝利!打線はもう少し援護してあげてほしいな」「勢いづいてきたね~素晴らしい!4連勝!」「今年は岸が頑張ってるから菊池も左のエースとして頑張れ」など、菊池の今季初勝利を喜ぶファンの声が寄せられていた。

対するロッテは11安打を放ちながらも、あと一本が出なかった。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top