ソフトバンク・柳田が今季第1号…西武との接戦を制す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク・柳田が今季第1号…西武との接戦を制す

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ソフトバンクは3月30日、ヤフオクドームで西武と対戦。柳田悠岐外野手に今季第1号が飛び出すなど、終始試合の主導権を握ったソフトバンクが5-4で勝利した。

初回にソフトバンクは柳田が高めに抜けた変化球を振り抜くと、左翼席前列に飛び込む今季初のアーチ。1-1の同点で迎えた4回には、松田宣浩内野手が適時打を放つなど、一挙3点を奪って勝ち越しに成功した。西武は7回に上本達之捕手の犠飛などで1点差に迫るも、あと一歩およばなかった。

これを受けて、「柳田、今年は何本打ってくれるだろうか。会心の当たりではなさそうだったけど、とりあえず1本出てホッとしたんじゃない」「千賀もバリオスもサファテも良かった。今年も盤石だな」「ギータの一撃でチームに勢いが出た!ここから連勝目指そう」など、柳田の本塁打に言及する声が多く寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top