ソフトバンク・柳田悠岐、練習試合で4番DH「間はとれていた」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク・柳田悠岐、練習試合で4番DH「間はとれていた」

スポーツ 短信

「2015 スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞 年間大賞」を受賞したソフトバンクの柳田悠岐(2015年12月1日)
  • 「2015 スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞 年間大賞」を受賞したソフトバンクの柳田悠岐(2015年12月1日)
ソフトバンクは2月24日、韓国斗山と練習試合で対戦。ケガからの復活を目指す柳田悠岐外野手は4番DHで出場した。

この日の柳田は2回打席に立ったが無安打に終わった。それでも、「変化球に対して間がとれている」と、自分の中で手応えをつかんだのか納得の表情。現時点では打つことよりも、どんな球種でも対応するためのタイミングを重視しているようだ。

工藤公康監督からはヒジの状態を考慮されて、DHでの出場が続いている。

これを受けて、「柳田は、まだ無理しない方がいいんじゃないか。ヒジって大事だし、そんなに焦らなくても大丈夫でしょ」「一度メスを入れていると全開になるまでは時間がかかる」「完全に治ってから出てほしい。まだキャッチボールもままならないとか言われているぐらいだしね」など、あまり無理をしてほしくないというファンの声が散見された。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top