ソフトバンク・柳田悠岐、2本塁打6打点の大暴れで打線を牽引 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク・柳田悠岐、2本塁打6打点の大暴れで打線を牽引

スポーツ 短信

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
ソフトバンクは3月21日、ヤフオクドームで広島と対戦。柳田悠岐外野手が2本塁打6打点の活躍を見せるなど打線が爆発。10-3で勝利した。

初回、柳田は広島・先発の黒田博樹投手から2点本塁打を放つと、6回にも3点本塁打を放つなど打線を牽引。10点中6点を1人でたたき出した。これまでは手術の影響で守備を含めて万全とは言えなかったが、開幕を間近に控え、いよいよエンジン全開。昨年のトリプルスリー男が真価を発揮し始めた。

これに対して、「黒田からのホームランはしびれたね。今年もギータには期待大!」「広いヤフオクドームで2発だから大したもの。守備も始めたし、開幕は万全かな」「オープン戦とはいえ、負け続けるのはよくない。今日勝てたのは良かった。快勝だしね」など、ファンからは柳田に期待する声が相次いでいた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top