ヤクルト・原樹理、ソフトバンクを5回無失点…ローテーション入りに前進 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヤクルト・原樹理、ソフトバンクを5回無失点…ローテーション入りに前進

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ヤクルトは3月12日、ソフトバンクとオープン戦で対戦。ヤクルト・先発のドラフト1位ルーキー原樹理投手(東洋大)が、ソフトバンク打線を相手に5回無失点の好投を見せた。

原はコーナーをつく丁寧なピッチングで、初回から強力ソフトバンク打線に的を絞らせない。走者を背負って内川聖一外野手を迎えた場面では、強烈なピッチャー返しを素早い反応で好捕。フィールディングでも非凡なセンスを見せた。

これに対して、「ヤクルトは坂口の活躍といい、バレも調子いいし、今年は明るい話題が多いな」「派手さはないけど良いピッチャー。真中監督もベンチで嬉しそうだったよ」「新人がローテーションの一角を担ってくれるほど有難いことはない。間違いなくローテーション入るでしょ」「ソフトバンク相手にこの内容なら上出来」など、ファンからは原の活躍に期待する声が多く寄せられていた。

原はこの日の投球内容で、ローテーション入りに向けて大きく前進した。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top