ソフトバンク・柳田悠岐、オープン戦で2打席連続アーチ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク・柳田悠岐、オープン戦で2打席連続アーチ

スポーツ 選手

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
ソフトバンクの柳田悠岐外野手が3月4日、阪神とのオープン戦に3番・指名打者で先発し2打席連続ホームランを放った。昨季オフに手術した右ヒジの影響から守備にはついていないが、打撃では文句なしに開幕スタメンをアピールした。

柳田は三回に回ってきた第2打席、ヒットで出塁した本多雄一を一塁に置き、阪神先発のランディ・メッセンジャーが投じた初球をフルスイング。打球はレフトスタンドに飛び込むオープン戦第1号2ランとなった。

柳田は先頭打者として打席に入った六回の第2打席でも、2球目のストレートをとらえライトスタンドに放り込む。外角、内角を右へ左へ打ち分けた柳田。文句なしの当たりにファンからも、「2本目はすごかった!40本を期待させてくれる」「内角の打ち方が高い技術を感じさせてくれた」「バット投げめっちゃかっこ良かった。インコースを腕畳んで振りぬいてバットぶん投げ最高」「柳田のホームランがエグイ」「柳田のホームラン2発ともえげつない」など、今季も相当打ちそうだとの声が寄せられている。

昨季トリプルスリーを達成した柳田。今季はそれ以上の成績も期待される。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top