ソフトバンク・松坂大輔、練習試合で2回を無安打に抑える | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク・松坂大輔、練習試合で2回を無安打に抑える

スポーツ 選手

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ソフトバンクの松坂大輔が3月3日、韓国・斗山との練習試合で288日ぶりに実戦マウンドを踏んだ。最速は141キロだったものの、ストレートとスライダー中心の組み立てで2回を無安打に抑えている。

昨季アメリカ球界から日本に復帰した松坂。オープン戦から調子が上がらず、8月には右肩の手術も受け、1軍出場なしに終わった。復活を期す平成の怪物は、今春のキャンプではフリー打撃に登板するなど、順調に調整を続けてきた。

久しぶりの実戦マウンドで初球のストレートは高目にすっぽ抜けた。緊張があったという松坂だが、その後は打者6人をパーフェクトに抑えた。

松坂の実戦登板に野球ファンからは、「今のホークスで先発ローテに入るのは大変だと思うけど、頑張ってください」「いろいろあるけど期待してます。頑張ってください」「今の松坂に150キロ超えのストレートを期待するのは無理だけど、コントロールと変化球で抑えていってほしいね」「一時代を築いた選手として復活に期待したい」「文句言いながら、結局松坂の復活を期待してる自分がいる」などの声が寄せられている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top