ソフトバンク・松坂大輔、フリー打撃に登板…打者相手は272日ぶり | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク・松坂大輔、フリー打撃に登板…打者相手は272日ぶり

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
右肩の手術から復活を目指すソフトバンクの松坂大輔が2月16日、今キャンプ初めてフリー打撃に登板した。

272日ぶりに打者と対戦した松坂は、「バッターに立ってもらうと、ブルペンとは雰囲気が違って良いなと思いました」と話している。

昨季メジャーリーグから日本球界へ復帰した松坂。キャンプでは大きな注目を集め、久しぶりの登板に大きな期待が集まった。しかし、オープン戦登板後に右肩の違和感を訴えると、一軍登板なしのまま8月に手術。復帰初年度は期待を裏切る形に終わった。

マウンドで打者と対峙した松坂は、全球種を試しながら35球投げた。安打性の当たりは3本、球種を予告しながらの投球でありながら空振りも3つ奪った。

着実に前進している姿を見せた松坂に、「戦える段階になってきたな」「まだまだ年齢から言っても老け込むには早い。今年もどうなるか分からないが、期待はしたい」「さすがに開幕からは難しいと思うが、復帰を楽しみにしている」「松坂世代も岐路に立たされる選手が多いし、松坂自身も今年は踏ん張りどころ」「何だかんだ言っても松坂には、もう一度活躍してもらいたい」など、ファンも"平成の怪物"復活を願っている。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top