ソフトバンク・中村晃、ライナーで本塁打「迷いなく振れている」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク・中村晃、ライナーで本塁打「迷いなく振れている」

新着 製品/用品

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
ソフトバンクの中村晃外野手が2月11日、シート打撃に臨み、初打席で本塁打を放つなど順調な仕上がりを見せた。

第一打席、直球を強くたたくと、ライナー性の打球が右中間に飛び込んだ。これで、今キャンプでは計3本目の柵越え。今年から、これまでよりも強くたたくことを心がけているという中村は、早速その成果を出している。球を捉えてヒットゾーンに運ぶ力は、球界でも屈指の安打製造機。今年もしぶといバッティングで強力ソフトバンク打線の一翼を担う。

これに対して、「見た目はそう感じないけど、意外とパワーもある選手」「一発は本人も狙ってないし、あくまでヒットの延長と考えているでしょ」「首位打者も狙える選手だと思うし、いよいよ今年大ブレイクしてほしいね」「侍ジャパンでもいい活躍していたし、本人も自信を持ってるかもね」など、ファンからはさまざまな声が挙がっていた。

「迷いなく振れている」と話すなど、ここまでの調整ぶりに納得の表情を見せていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top