ソフトバンク・内川聖一、一塁の特守「知らないことが多々ある」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク・内川聖一、一塁の特守「知らないことが多々ある」

スポーツ 短信

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
ソフトバンクの内川聖一外野手が2月6日、一塁の守備練習を行った。李大浩内野手が退団したことにより、今年は一塁手としての出場機会が増えそうだ。

試合数は少ないながら、かつて一塁を守った経験もある内川だが、基本は外野手。普段慣れていないポジションでの特守とあって、「知らないことが多々ある」と話すなど、今後改善の余地があることを示唆した。捕球体勢やグラブの使い方など、一球一球入念に確認している姿が印象的だった。

これを受けて、「慣れれば大丈夫でしょう。ソフトバンクは外野手が豊富だから内川を一塁にまわすのもいいと思う」「たまに一塁守ったこともあるし、大丈夫でしょ」「とにかく内川は打撃に専念させるという意味でも一塁はいいかも」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。

昨年は4番として一年間コンスタントに活躍し、多くの勝利に貢献した内川。3年連続日本一の偉業に向けて、この男の存在は絶対不可欠だ。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top