レアル・マドリード、CL逆転4強入り…ロナウドがハットトリック | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

レアル・マドリード、CL逆転4強入り…ロナウドがハットトリック

スポーツ 短信

レアル・マドリード、CL逆転4強入り…ロナウドがハットトリック(c)Getty Images
  • レアル・マドリード、CL逆転4強入り…ロナウドがハットトリック(c)Getty Images
  • レアル・マドリード、CL逆転4強入り…ロナウドがハットトリック(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
レアル・マドリード(スペイン)は4月12日、ヴォルフスブルクとのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグを戦い、本拠地で3-0の勝利を収めた。レアルは2戦合計スコアでも3-2として、決勝トーナメント準決勝進出を決めている。

6日に行われたファーストレグでは0-2の完敗を喫したレアル。敗色濃厚で迎えたホームでの第2戦、前回の対戦で低調なパフォーマンスに終始したダニーロに代え、ダニエル・カルバハルをサイドバックで起用した。

逆転突破には大量得点で勝つしかないレアル。先制点は前半15分だった。カルバハルのクロスが相手DFに当たってコースが変わると、ここにクリスティアーノ・ロナウドが詰めゴールネットを揺らす。さらにロナウドは2分後、トニ・クロースのCKにニアで合わせ頭で2点目を叩き込んだ。早くもレアルは2戦合計スコアをイーブンに持ち込む。

ヴォルフスブルクはユリアン・ドラクスラーの負傷交代もあり、点を奪い返せないまま前半が終了した。それでも辛抱強いサッカーで耐え続けGKディエゴ・ベナリオの好セーブもあり、試合は延長戦がチラつき始める。

最後に勝負を決めたのもロナウドだった。エリア付近でFKを得た後半32分、壁の間を抜いたボールが直接決まって2戦合計スコアでも逆転した。

チームを敗退の瀬戸際から救うハットトリックにサッカーファンからも、「これぞロナウド!って試合だった。まさにエース」「壁側のミスもあるとはいえ、こうも綺麗にボール1個分の隙間を抜けるもんだな…」「ロナウド凄すぎる。3点目のFK何であんなところ狙って入るんだよ」「クリスティアーノ・ロナウドのFKやばいな。そこをボールが通るなんてあり得るのか?と思うほど神の一撃」「3点目のFKは神に選ばれし『持ってる』者にのみ開く隙間」など称賛が絶えない。

SEMIS Real Madrid 3-0 Wolfsburg 15' @Cristiano 17' @Cristiano 77' @Cristiano #RMUCL #HalaMadrid

Real Madrid C.F.さん(@realmadrid)が投稿した写真 -

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top