【THE REAL】小さなエース・中島翔哉の現在位置…J3でのプレーと今夏のリオデジャネイロ五輪を見つめて | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE REAL】小さなエース・中島翔哉の現在位置…J3でのプレーと今夏のリオデジャネイロ五輪を見つめて

オピニオン コラム

中島翔哉 参考画像(c)Getty Images
  • 中島翔哉 参考画像(c)Getty Images
  • 中島翔哉 参考画像(c)Getty Images
  • アディダスブランドコアストア渋谷リニューアルオープン記念パーティー、ゲストにU-23サッカー日本代表・中島翔哉(2016年3月3日)
  • アディダスブランドコアストア渋谷リニューアルオープン記念パーティー、ゲストにU-23サッカー日本代表・中島翔哉(2016年3月3日)
  • 中島翔哉 参考画像(c)Getty Images
  • 中島翔哉 参考画像(c)Getty Images

■武者修行

公式戦である以上は、何よりもまず勝利を求める。中島が自己満足を求めて独りよがりなプレーを続ければ、21歳の自分よりも若く、経験も不足している選手が多いFC東京U‐23は必然的に瓦解する。

はやる気持ちを封印して、チームプレーに徹し続けた相模原との90分間。安間監督は「すごく地味な作業をしていたし、彼の内側の部分でタフな試合をしていた」と目を細めながら、0対1で惜敗した結果を踏まえてあえて厳しいエールを送る。

「だからこそ、そうした試合展開でもゲームを決めてこいと」



中島翔哉 参考画像(c)Getty Images


昨年末の中東遠征から沖縄・石垣島合宿、そしてリオデジャネイロ切符を獲得したU‐23アジア選手権。約1ヶ月半もの時間をU‐23日本代表と共有した中島は、23歳以下のアジア王者の肩書と大会MVPの勲章を手土産に携えながら、2月上旬にFC東京へ合流した。

しかし、2月9日にACLプレーオフを控えていたFC東京は城福新監督のもと、中島の不在中に急ピッチでチーム作りを進めていた。トップチームのコーチも務める安間監督は言う。

「オリンピック出場を決めて、MVPまで獲得して帰ってきて、翔哉自身も『やってやるぞ』という気持ちをもっていたと思う。もちろんJ1で試合に出られるのがベストだけれども、ポジション争いをしている合宿中にU‐23代表として活動し、チームがある程度できあがった段階で帰ってきたのも事実。こういう状況で、ワンチャンスをものにするための準備をしっかりと整えておかないといけない」

中島自身、チャンスをものにした成功体験がある。小学生のときから東京ヴェルディの育成組織で心技体を磨いた中島は、高校在学中だった2012年10月に18歳でプロ契約を結んだ。

もっとも、当時のヴェルディでは出場機会が望めなかったことから、2014年1月に才能を高く評価してくれたFC東京へ完全移籍。さらに武者修行を積む目的で、指導力に定評のある安間氏が監督を務めていた当時J2のカターレ富山へすぐに期限付き移籍した。

(次ページ 激しい競争に勝利するため)
《藤江直人》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top