松坂大輔、古巣と対戦…1年ぶりの一軍マウンドは2回1失点 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

松坂大輔、古巣と対戦…1年ぶりの一軍マウンドは2回1失点

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ソフトバンクの松坂大輔投手が3月16日、西武とのオープン戦に先発した。1年ぶりの一軍マウンドに上がった松坂は2回を投げ3安打1失点、被本塁打1の内容だった。

古巣との試合で10年ぶりに西武ドームのマウンドに上がった松坂。慣れ親しんだ場所で完全復活を印象づけたかったが、連打と四球で初回いきなりピンチを迎える。ここは浅村栄斗を打ち取り、無失点で切り抜けることに成功するが、直後の二回に先頭の坂田遼から一発を浴びた。

内角に投じた137キロのストレートを完璧に弾き返され、坂田の打球はライトスタンドへ飛び込む。後続は抑え1失点でこの回を終わらせたものの、当初4イニングだった予定を切り上げ2イニングで降板した。

松坂の登板内容にファンからは、「楽しみにしてた松坂は、昔とはずいぶん違ってたけど、開幕後に大化けするのかな?」「4回の予定が2回で降板したの気になる」「松坂もう140キロも出ないのかな…」「球速が出ないのは分かってたこと。それをカバーする制球力がない」「ここから暖かい季節に向かって調子を上げてもらえれば」などの声が寄せられている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top