横浜F・マリノス、ブラジル人FWカイケの入団内定を報告 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

横浜F・マリノス、ブラジル人FWカイケの入団内定を報告

スポーツ 選手

カイケ 参考画像(2015年11月8日)
  • カイケ 参考画像(2015年11月8日)
横浜F・マリノスは3月8日、ブラジルのCRフラメンゴからブラジル人FWカイケの入団が内定したと発表した。正式契約はメディカルチェック後に行われる。

カイケは1988年生まれの27歳。フラメンゴの下部組織出身だが、当時のクラブは充実の時を迎えており、まだ10代のカイケルに出場機会は与えられなかった。2010年にスウェーデンのBKヘッケンへ移籍したのを皮切りに、その後はノルウェー、デンマーク、ポルトガルなど欧州のクラブを渡り歩く。

昨季ブラジル2部のABCに加入すると、前半戦だけで20ゴールの活躍を見せ、1部の複数クラブから声がかかった。その中でカイケは古巣フラメンゴ復帰を選んでいた。

ストライカー不足が指摘されていた横浜F・マリノス。待望のFW獲得にサポーターからは、「活躍を期待してお待ちしております」「待ってました!」「マリノスのサッカーにフィットする選手であることを信じています」「これで万事解決とはいかないだろうけど、得点力不足が少しでも解消されるといいね」「シーズン前にやっとくべきことだとは思うけれど、慢性的な得点力不足が解消できることを祈ります」と活躍を期待する声が寄せられている。

カイケはチームを通じ、「自分のサッカーキャリアの中で新しいチャンスをもらい、日本のビッグクラブであるF・マリノスのユニフォームを着ることができることを、とてもうれしく思います。チームが大きなタイトルを獲得できるよう協力し、素晴らしいサポーターと多くの素晴らしい時間を過ごしたい」とコメントした。



《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top