横浜F・マリノスと中央図書館…小学生向け絵本リストを無料配布 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

横浜F・マリノスと中央図書館…小学生向け絵本リストを無料配布

ライフ 社会
横浜F・マリノスと中央図書館の共催イベント
  • 横浜F・マリノスと中央図書館の共催イベント
  • 横浜F・マリノスの取組み
 横浜F・マリノスと横浜市中央図書館は、協働で小学生向け絵本リスト「F・マリノスと図書館がえらんだ えほんイレブン」を作成、11月25日から中央図書館で無料配布する。あわせて、11月25日~12月20日の期間、特別展示「資料で発見!横浜F・マリノスの歴史」を開催する。

 横浜F・マリノスと中央図書館は、パートナーシップシーズン3の取組みとして小学生向けに「F・マリノスと図書館がえらんだ えほんイレブン」を作成した。毎月図書館ホームページに掲載している「今月のおすすめ本」の中から11冊を厳選し、横浜F・マリノス選手の一押しコメントとともに絵本を紹介しているという。リストはカラー16Pで4,500部を発行。11月25日より中央図書館1階にて無料で配布する。

 また、あわせて横浜F・マリノスの歴史を、新聞・雑誌・航空写真などの図書館資料で振り返る特別展示「資料で発見!横浜F・マリノスの歴史」も開催。横浜F・マリノスとホームスタジアムの歴史を図書館にある資料を使って紹介、会期中の12月13日には通常書庫にあるサッカー雑誌などを限定公開するという。

 横浜F・マリノスと中央図書館はパートナーシップ事業としてこれまでも共催企画を実施している。シーズン1ではクラブ公式キャラクターのマリノスケの1日中央図書館長就任やクイズラリーを、シーズン2では「食と体づくり」と題して横浜F・マリノスふれあいサッカーコーチの望月選氏による講座や食育パネル展示を実施。シーズン2で募集したマリノスへの応援メッセージは、選手のサインと写真付きで今回の特別展示でも見ることができる。

◆F・マリノスと図書館がえらんだ えほんイレブン
配布日程:11月25日(水)より
会場:横浜市中央図書館1階
仕様:A5判、カラー、16P、4,500部、無料配布

◆特別展示「資料で発見!横浜F・マリノスの歴史」
期間:11月25日(水)~12月20日(日)
会場:横浜市中央図書館1階展示コーナー
《畑山望@リセマム》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top