ソフトバンク・松田宣浩、李大浩が抜けた分は「みんなでカバーする」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク・松田宣浩、李大浩が抜けた分は「みんなでカバーする」

スポーツ 短信

松田宣浩 参考画像(2014年11月14日)
  • 松田宣浩 参考画像(2014年11月14日)
ソフトバンクの松田宣浩内野手が、李大浩内野手の抜けた穴を全員野球で埋める意気込みを語った。

メジャーリーグ移籍とソフトバンク残留との間で、悩んだ末に残留を決断した松田。一方、昨年まで共に主軸として戦った李大浩はシアトル・マリナーズへの入団が決まった。「自分は自分で考えたし、デホも考えた末の決断」と、かつての同僚の決断を尊重。また、李大浩の抜けた穴は大きいとして、「みんなでカバーしなければならない」と語った。松田は今季、40本塁打を目指すとともに、侍ジャパンでの正三塁手死守も目標として掲げている。

これに対して、「松田が残ってくれたのは大きいよな。40本は難しいかもしれないけど、昨年くらい打ってくれたらいいと思う」「李大浩の穴は確かに大きいけど、それを埋められる選手層がある」「全員野球でまとまれば、昨年の勢いを持続できるはず。3年連続日本一を期待している。熱男パワーで頼みます」など、ファンからは松田の活躍に期待する声が多く寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top