コロンビア代表ジャクソン・マルティネス、広州恒大が獲得 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

コロンビア代表ジャクソン・マルティネス、広州恒大が獲得

スポーツ 選手

ジャクソン・マルティネス 参考画像(2015年9月22日)
  • ジャクソン・マルティネス 参考画像(2015年9月22日)
  • ジャクソン・マルティネス 参考画像(2015年9月22日)
中国スーパーリーグの広州恒大が2月3日、アトレティコ・マドリードからコロンビア代表FWジャクソン・マルティネスを4年契約で獲得したと発表。移籍金は4200万ユーロ(約55億円)という。

マルティネスは2015年夏に3500万ユーロ(約46億円)で、ポルトから3年契約で加入した。ポルトガルリーグ3年連続得点王の決定力を期待されたが、ディエゴ・シメオネ監督率いるチームへのフィットに苦しみ、公式戦22試合で3ゴールの成績だった。

移籍先の広州恒大は中国スーパーリーグ5連覇中。昨シーズンのアジアチャンピオンズリーグを制し、クラブワールドカップでは北中米カリブ海王者のクラブ・アメリカを破った。

今冬の移籍市場ではマルティネスのほかに、チェルシーのブラジル代表MFラミレス、インテルのMFフレディ・グアリンらも中国移籍が発表されている。

マルティネスを放出したアトレティコは、2014年にチェルシーへ移籍したジエゴ・コスタの復帰を画策しているようだ。コスタはアトレティコ復帰の可能性を否定も肯定もしていない。

マルティネスの売却で十分な資金を得たアトレティコ。一方で同クラブは国際サッカー連盟(FIFA)から2016年夏と2017年冬の移籍市場で補強を禁止されている。処分は異議申し立ての判決が出るまで一時保留となっているが、今後の動き次第でコスタ復帰は難航しそうだ。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top