バルセロナ、広州恒大に快勝…スアレスが大会史上初のハットトリック | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

バルセロナ、広州恒大に快勝…スアレスが大会史上初のハットトリック

12月17日に行われたクラブW杯準決勝、バルセロナは広州恒大を3-0で破り決勝に進んだ。ネイマールが左足の負傷でベンチ、リオネル・メッシは体調不良でベンチ外だったバルセロナ。だがルイス・スアレスが爆発した。

スポーツ 短信
クラブW杯準決勝でルイス・スアレスが大会史上初のハットトリック(2015年12月17日)
  • クラブW杯準決勝でルイス・スアレスが大会史上初のハットトリック(2015年12月17日)
  • クラブW杯準決勝でルイス・スアレスが大会史上初のハットトリック(2015年12月17日)
12月17日に行われたクラブW杯準決勝、バルセロナは広州恒大を3-0で破り決勝に進んだ。ネイマールが左足の負傷でベンチ、リオネル・メッシは体調不良でベンチ外だったバルセロナ。だがルイス・スアレスが爆発した。

序盤からボールを支配し続けたバルセロナ。アンドレス・イニエスタのパスから、時おりチャンスを作るが広州も危ういところで耐え続ける。だが前半39分、ついにバルセロナがゴールをこじ開けた。イヴァン・ラキティッチのミドルシュートをGKが弾いたところへ、スアレスが詰めて先制点を奪った。

先制点を奪ったことで余裕が生まれたバルセロナは、後半さらに攻勢を強めた。後半5分にイニエスタからのパスをスアレスが胸でトラップ、右足で流し込み追加点を挙げた。スアレスは同22分にもPKを決め、大会史上初のハットトリックを達成した。

快勝したバルセロナにファンからは、「今のバルサは他と次元が違う」「あらためて基礎技術のレベルが違うと感じた」「目が覚めるようなプレーの連続」「PKの判定は微妙だったけど、それを抜いても差がありすぎた」「ハットのスアレスが話題だけど、イニエスタはMVP級の活躍だった」などの声が寄せられている。

ハットトリックを決めたスアレスは試合後、「今日はメッシとネイマールが不在ということで責任を感じていた。記念のボールはクラブの博物館に送るよ」とコメントした。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top