広州恒大、2年ぶり2度目のアジア制覇…ACL | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

広州恒大、2年ぶり2度目のアジア制覇…ACL

スポーツ 短信
サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
AFCアジアチャンピオンズリーグ決勝セカンドレグが11月21日に行われた。試合は広州恒大が後半9分にエウケソンのゴールで挙げた先制点を守り、アルアハリ(UAE)に1-0で勝利。2戦合計スコアでも1-0として2年ぶり2度目のアジア王者に輝いた。

準々決勝で柏レイソル、準決勝でガンバ大阪と日本勢を連続で撃破して決勝まで勝ち上がった広州恒大。強力なブラジル人をアタッカーにそろえ、戦力は間違いなくアジア最強クラス。対するアルアハリは準決勝でアル・ヒラルを劇的なゴールで破り、初制覇をかけ決勝に駒を進めた。

アルアハリのホームで行われたファーストレグは、スコアレスで引き分けた両チーム。勝負のセカンドレグは序盤から互いが激しくボールを奪い合い、目まぐるしく攻守交代する気が抜けないものになった。

広州恒大は前半終盤にGKゾン・チョンが足首を負傷するアクシデント。前半のうちにキーパー負傷で交代カードを1枚使ってしまう。前半42分にCKからエウケソンがヘディング、前半アディショナルタイムにはファン・ボーウェンがシュートもアルアハリの堅い守りから点が奪えない。

後半も立ち上がりから広州恒大が攻め込む。そして何度かチャンスを逃したあとの後半9分、エリア中央にいたエウケソンが味方からのパスを受け、ゴールを背にした体勢から素速く反転してシュート。これが決まり広州恒大が先制する。

先制点を許してしまったアルアハリ。だがここは広州恒大のホーム、1点取って同点に追いつけば、アウェーゴールルールが適用されアルアハリが逆転でアジア王者になる。アディショナルタイムも入れて残り時間は約40分。アルアハリは全力で1点を奪いにいく。

だが後半22分にサルミン・ハミスが広州恒大のチョン・ロンを倒した際、バランスを崩し胸の辺りを踏んでしまう。これに主審がレッドカードを出し1発退場。興奮状態のハミスは主審に掴みかからんばかりの剣幕を見せるが、味方ベンチが数人がかりで止める。

ひとり少なくなったアルアハリだが後半35分、決定的なチャンスを迎える。味方からの長いパスにリマが抜け出し、相手GKと1対1でシュート。しかし、必死の戻りを見せた広州恒大のDFキム・ヨングォンがブロック。アルアハリは後半アディショナルタイム、ラストワンプレーでGKも攻撃参加させるが実らずゴールを奪うことはできなかった。

両チーム一歩も譲らない激闘となった決勝に、「アルアハリは残念だったが広州おめでとう」「アルアハリはよく頑張った」「広州おめでとう。来年はJリーグのクラブが優勝したいね」などの声が寄せられている。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top