第4回世界ポール・スポーツ選手権大会に日本から17名出場 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

第4回世界ポール・スポーツ選手権大会に日本から17名出場

イベント スポーツ
第4回世界ポール・スポーツ選手権大会に日本から17名出場
  • 第4回世界ポール・スポーツ選手権大会に日本から17名出場
  • 第4回世界ポール・スポーツ選手権大会に日本から17名出場
  • 第4回世界ポール・スポーツ選手権大会に日本から17名出場
  • 第4回世界ポール・スポーツ選手権大会に日本から17名出場
日本ポール・スポーツ協会は、2015年7月25日~26日にイギリス・ロンドンのクリスタルパレス国立スポーツセンターにて、「第4回世界ポール・スポーツ選手権大会(World Pole Sports Championships 2015)」が開催されると発表した。

「第4回世界ポール・スポーツ選手権大会」は、各国の代表権を獲得した選手のみが出場出来るポール・スポーツ界で最も名誉ある大会だ。今年は、30カ国から149名の選手が参加。2015年日本代表チームは、男子選手4名、女子選手10名、ジュニアノービス選手3名の合計17名が参加する。

今年度の世界選手権大会は、男子シングル17名、女子シングル44名、男女混合ダブルス24組、男子マスターズ40歳以上1名、女子マスターズ40歳以上11名、女子マスターズ50歳以上4名、ジュニア15歳-17歳8名、ノービス10歳-14歳16名で争われる。

男子シングル代表の中 和也選手は、2012年世界大会男子シングル銅メダリスト、男女混合ダブルス部門の2012年・2013年2年連続銅メダリスト。2014年は怪我の為代表権を諦めたが、昨年末の日本代表選考会「全日本ポール・スポーツ選手権大会」では優勝している。また、男女混合ダブルス部門の佐藤 茜/三上 温香選手も、2014年の同大会にて銅メダルを獲得している。

■日本代表チーム 出場予定選手
●男子シングル部門
中 和也(大阪)、新屋 直人(宮城)

●女子シングル部門
松浪 春菜(東京)、山口 エレス(東京)

●男女混合ダブルス部門
佐藤 茜/三上 温香(東京)、近澤 彩樹/西森 想(高知)、大槻 まゆみ/宇津木 彩乃(東京)

●男子マスターズ40歳以上部門
山崎 盛一(大阪)

●女子マスターズ40歳以上部門
鷲山 美紀(大阪)、金澤 里映(大阪)

●女子マスターズ50歳以上部門
樋口 美加(高知)

●ノービス10歳-14歳部門
甲斐 仁紅(高知)、藤岡 空未(高知)、岩崎 知愛里(大阪)
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top