コーヒー「第三の波」は品質重視。ブルーボトル2号店青山カフェにも行列 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

コーヒー「第三の波」は品質重視。ブルーボトル2号店青山カフェにも行列

新着 飲食
コーヒー「第三の波」は品質重視。ブルーボトル2号店青山カフェにも行列
  • コーヒー「第三の波」は品質重視。ブルーボトル2号店青山カフェにも行列
  • 創業者、ジェームス・フリーマンがオープン前日に来日。
  • コーヒー「第三の波」は品質重視。ブルーボトル2号店青山カフェにも行列
  • コーヒー「第三の波」は品質重視。ブルーボトル2号店青山カフェにも行列
  • コーヒー「第三の波」は品質重視。ブルーボトル2号店青山カフェにも行列
  • コーヒー「第三の波」は品質重視。ブルーボトル2号店青山カフェにも行列
  • コーヒー「第三の波」は品質重視。ブルーボトル2号店青山カフェにも行列
  • コーヒー「第三の波」は品質重視。ブルーボトル2号店青山カフェにも行列
東京の下町・清澄白河に次いで、ファッションの街・青山に早くも日本2号店をオープンした『ブルーボトルコーヒー』。同ブランドは2002年、アメリカ・サンフランシスコのベイエリア、オークランドに誕生。ガレージに常設したコーヒーのキオスクからスタートし、現在はサンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルスの3都市圏で16店舗を展開している。

創業者は元クラリネット奏者という異色の経歴をもつ、ジェームス・フリーマン。厳しく選別された新鮮な生豆を自家焙煎、48時間以内に使い切ることに徹底し、オーダーを受けてからバリスタが1杯ずつ丁寧にハンドドリップ。完璧な1杯を追求する“品質重視”の姿勢は高く支持され、そのビジネススタイルに賛同したGoogleやTitterの創業者が相次いで出資。「コーヒー界のアップル」と呼ばれ、全米で急成長を遂げている。

今年2月にオープンした清澄白河の1号店は連日行列ができるほどの人気ぶり。青山も同様に開店前から行列ができ、70席ある店内は早くも満席状態で反響の大きさがうかがえる。

-- 後編は、「サードウェーブのコーヒーは何が違う?」を解説。
《粂真美子》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top