焦がし砂糖を使用した「ボス とろけるカフェオレ ビター」など新商品展開 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

焦がし砂糖を使用した「ボス とろけるカフェオレ ビター」など新商品展開

サントリー食品インターナショナルは、3月10日(火)から「ボス とろけるカフェオレ」をリニューアル発売、「ボス とろけるカフェオレ ビター」を発売する。

新着 飲食
ボス とろけるカフェオレ ビター」など新商品展開
  • ボス とろけるカフェオレ ビター」など新商品展開
サントリー食品インターナショナルは、3月10日(火)から「ボス とろけるカフェオレ」をリニューアル発売、「ボス とろけるカフェオレ ビター」を発売する。

また、3月24日(火)から「ボス トレジャーハンター」を発売、「ボス アイスクリーミーラテ」をリニューアルする。

「BOSS」は、1992年の発売以来、“働く人の相棒コーヒー”として、親しまれているロングセラーブランド。ラインナップの拡充や、CMなどの展開により、発売以来22年間にわたって成長を続けている。

「ボス とろけるカフェオレ」は、“ダブルの生クリームでとろける味わいの大人の上質カフェオレ”として人気。今回は、コクの強い北海道産生クリームの比率をアップし、“コーヒーもミルクもしっかりした味わい”をさらに強化した。パッケージは、“北海道産生クリーム使用”を分かりやすく大きく表現した。

「ボス とろけるカフェオレ ビター」は、「ボス とろけるカフェオレ」の味わいをベースに、焦がし砂糖を使用し、深煎りコーヒーのほろにがくビターな味わいを感じる大人の上質カフェオレに仕上げた。パッケージも、「ボス とろけるカフェオレ」の印象をそのままにデザインを踏襲し、よりほろにがくビターな印象を表現した。

「ボス アイスクリーミーラテ」は、自動販売機での販売を中心に、通常の缶コーヒーユーザーに加え、女性や若年男性からも人気。今回新たに牛乳を加え、これまで以上にコクのあるミルク感とすっきりとした後味を実現した。
《》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top