24インチの折りたたみ自転車は捨てたもんじゃないという解説 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

24インチの折りたたみ自転車は捨てたもんじゃないという解説

新着 技術

24インチモデルはコンパクト性とクロスバイクの快適な乗り心地を両立
  • 24インチモデルはコンパクト性とクロスバイクの快適な乗り心地を両立
  • 小径車として一般的な20インチ。タイヤのサイズは小さいが、ホイールベースはロードバイク並みの1000mm強を確保することで、走行時の安定性を担保
  • 24インチはタイヤサイズ分だけ全長は長いが、ホイールベースは20インチやロードバイクとほぼ同等の1000mm強。つまりフレームサイズもほぼ同じで、ポジションもタイヤサイズで変わることはない
  • 折りたたむと手前の20インチと奥の24インチはほとんど同じ
  • 小径ながらも簡単にスピードを出せる20インチバイク。24インチはより安定した走破性を実現
  • 持ち運ぶときのサイズ感。左が20インチ、右が24インチ
  • 輪行すると普通のロードバイク輪行よりもかなりコンパクトになる
  • どちらもクルマへの積み込みがラク
全く新しいスポーツ折りたたみ自転車ブランド「Tern Bicycles(ターンバイシクルズ)」が、車輪径が20インチのものと24インチのものを比較して紹介した。

一般的に小径車と言えば20インチ(またはそれより小さい16インチなど)。ターンは小回りの効く20インチのよさと、安定した走破性や乗り心地の26インチのいいところを凝縮した24インチという新たなカテゴリーをフォールディングバイクに持ち込んだ。



24インチフォールディングバイクの特徴と優位性を、20インチと比較しながら説明している。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

編集部おすすめの記事

page top