【アジアカップ15】ヨルダン監督「日本は卓越したチーム。我々とは差があった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【アジアカップ15】ヨルダン監督「日本は卓越したチーム。我々とは差があった」

スポーツ 動画
レイ・ウィルキンス監督(2015年1月16日)(c)Getty Images
  • レイ・ウィルキンス監督(2015年1月16日)(c)Getty Images
アジアカップで日本と対戦したヨルダンのレイ・ウィルキンス監督は、自チームと日本の違い、そしてヨルダン代表の今後の展望について語った。

「日本の卓越したパスや動きは素晴らしく、我々とは大きな差があった。日本のポゼッションが良くボールを奪えなかった。後半にシステムを4-4-2に変更して少しは良くなったが、終盤に追加点を許してしまい残念な結果となった。だが我々は全力を尽くしたし、選手たちは私の言ったことすべてに挑戦してくれた」

今後のヨルダン代表の課題については「若手の台頭が必要だ」と答えた。

「若手の台頭が必要になってくる。A代表の下のカテゴリーだ。五輪を目指す世代は非常にいいチームで、期待できる若手も数人いる」と、明るい見通しがあると語った。

しかし一方でウィルキンス監督は「我々は正しい方向に進まなければならない」とも答えた。

「フィジカルを強化し、成長して、クレバーな選手になる必要がある。トップレベルでプレーするには、クレバーな選手である必要がある」

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top