【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】第18ステージのハイライト…アールが山岳ステージ2勝目。フルームが総合2位に | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】第18ステージのハイライト…アールが山岳ステージ2勝目。フルームが総合2位に

スポーツ 短信

本日の逃げ集団(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第18ステージ)
  • 本日の逃げ集団(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第18ステージ)
  • フルームとアール(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第18ステージ)
  • 集団はスカイがコントロール(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第18ステージ)
  • メイン集団(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第18ステージ)
  • 山岳賞リーダーのサンチェス(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第18ステージ)
  • 最後の上りでアタックしたコッペル(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第18ステージ)
  • 総合争いをするスペイントリオ(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第18ステージ)
  • 総合4位のロドリゲス(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第18ステージ)
スペイン全土を舞台に3週間かけて行われるステージレース、第69回ブエルタ・ア・エスパーニャ。第18ステージはアエストラーダからモンテカストロベまでの157kmで行われ、ハイライト動画が公開されている。

前半はほぼ平坦コース、終盤にカテゴリー2級の山岳ポイント、モンテカストロベを2回通過するこの日の勝負はやはり最後の上りに持ち込まれた。ゴールまで残り6kmほどで始まった総合トップ5の争いから最初に抜け出したのは、第11ステージの山頂ゴールを制している総合5位のファビオ・アール(アスタナ)だ。

それに追従したのが総合2位のクリストファー・フルーム(スカイ)。残り2.5kmほどでアールとフルームが協調してゴールを目指した。2回目のモンテカストロベを通過し、最後の下りでアールが仕掛けた。残り150mで一気にフルームを振り切って、今大会2度目の区間優勝を手に入れた。

総合リーダージャージのマイヨロホはアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)がキープしている。フルームは総合2位のアレハンドロ・バルベルデ(モビスター)に13秒差の総合2位に浮上、コンタドールとの差も1分19秒に縮めた。

この日、総合7位だったロベルト・ヘーシンク(ベルキン)が未出走のためサムエル・サンチェス(BMCレーシング)とワレン・バルギル(ジャイアント・シマノ)の順位がひとつ上がっている。また区間7位に入ったダニエル・ナバーロ(コフィディス)が総合トップ10入りしている。

第18ステージ終了時点での総合成績は以下の通り。かっこ内は前日の順位。

1位 アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)71h 38' 37’’
2位(3位△)クリストファー・フルーム(スカイ)+1' 19’’
3位(2位▼)アレハンドロ・バルベルデ(モビスター)+1' 32’’
4位(4位ー)ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ)+2' 29’'
5位(5位ー)ファビオ・アール(アスタナ)+3' 15’'
6位(6位ー)ダニエル・マーティン(ガーミン・シャープ)+ 6' 52’’
7位(8位△)サムエル・サンチェス(BMCレーシング)+6’ 59’’
8位(9位△)ワレン・バルギル(ジャイアント・シマノ)+ 9' 12’’
9位(11位△)ダニエル・ナバーロ(コフィディス)+ 9' 44’’
10位(10位ー)ダミアーノ・カルーゾ(キャノンデール)+ 9' 45’’

大会は総距離およそ3240km、9月14日まで全21ステージで行われる。


Resumen etapa 18 - A Estrada / Monte Castrove 投稿者 la_vuelta
《五味渕秀行》

編集部おすすめの記事

page top