【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】第10ステージのハイライト動画 個人TTをマルティンが制す。コンタドール首位を奪取 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】第10ステージのハイライト動画 個人TTをマルティンが制す。コンタドール首位を奪取

スポーツ 短信

現個人TT世界王者のマルティンが優勝(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第10ステージ)
  • 現個人TT世界王者のマルティンが優勝(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第10ステージ)
  • 区間2位、総合3位に浮上したウラン(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第10ステージ)
  • 区間4位、総合首位に立ったコンタドール(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第10ステージ)
  • 現個人TT世界王者のマルティンが優勝(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第10ステージ)
  • 区間3位のカンチェラーラ(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第10ステージ)
  • 区間5位のサンチェス(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第10ステージ)
  • 区間10位のフルーム(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第10ステージ)
スペイン全土を舞台に3週間かけて行われるステージレース、第69回ブエルタ・ア・エスパーニャ。休息日明けの第10ステージがレアルモナステリオ・デ・サンタマリアデベルエラからボルハまで36.7kmの個人タイムトライアルで行われ、ハイライト動画が公開されている。

優勝は現個人タイムトライアル世界チャンピオンのトニー・マルティン(オメガファルマ・クイックステップ)だ。15秒遅れの2位にチームメイトのリゴベルト・ウランが入り、ワンツーフィニッシュとなった。ウランは総合成績でも3位にジャンプアップした。

優勝候補だったファビアン・カンチェラーラ(トレックファクトリーレーシング)は当初11秒遅れの2位だったが、前走者を風よけに利用したとして7秒のペナルティが課せられ、記録は18秒遅れとなり3位に沈んでいる。

総合優勝争いも大きく動いた。総合リーダーのナイロ・キンタナ(モビスター)がコーナーで落車、大きくタイムを失ってしまう。タイムトライアルを得意とするクリストファー・フルーム(スカイ)も思うようにタイムが伸びない。

ライバルたちを尻目に勢いを見せたのがアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)だ。マルティンから39秒遅れの区間4位となり、今大会初めて総合リーダージャージのマイヨロホにソデを通した。

第10ステージ終了時点での総合成績は以下の通り。

1位 アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)
2位 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター)+27’’
3位 リゴベルト・ウラン(オメガファルマ・クイックステップ)+ 59’'
4位 ウイネル・アナコナ(ランプレ・メリダ)+1' 12''
5位 クリストファー・フルーム(スカイ)+1' 18''
6位 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ)+1' 37''
7位 サムエル・サンチェス(BMCレーシング)+1' 41''
8位 ファビオ・アール(アスタナ)+2' 27''
9位 ロベルト・ヘーシンク(ベルキン)+2' 38’'
10位 ダミアーノ・カルーゾ(キャノンデール)+ 2' 59’’

大会は総距離およそ3240km、9月14日まで全21ステージで行われる。

《五味渕秀行》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top