【ジロ・デ・イタリア14】最後まで力を出し切ると新城幸也 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ジロ・デ・イタリア14】最後まで力を出し切ると新城幸也

スポーツ 短信

楽しそうに愛犬の散歩をする休息日の新城
  • 楽しそうに愛犬の散歩をする休息日の新城
  • 今後の山岳ステージと、山岳タイムトライアル用のマシンについてメカニックと相談をする新城
ジロ・デ・イタリアで2度の落車に見舞われて満身創痍の新城幸也(ヨーロッパカー)は何度も途中棄権かという状況に立たされたが、本人の意思で大会18日目の休息日までたどり着いた。

ケガの状態は、痛みは残るものの我慢できるまで回復し、レース中は問題ないという。

「ここまで我慢してきてよかった。チームはみんな調子がいいし、(エースの)ピエール・ローランはもっと総合成績が上がると思う。そのために、できる限りのことはする。自分に与えられるチャンスは少ないけどゼロではない。どのチームも相当ダメージは大きいようで、疲れているようだし、残りのステージは自分の力を出し切る」と、語っている。

27日からは超難関山岳ステージに入る。第16ステージはコースに残る雪の影響でコースの変更や中止などが協議された結果、予定通りスタートすることになった。スタートしてすぐにカテゴリー1級、標高2618mのガビア峠を、続いてレース中盤に2758mのカテゴリー超級ステルビオ峠を越える。さらにゴールは2059mの1級山岳の山頂ゴールという距離139kmのレース。
《》

編集部おすすめの記事

page top