【ジロ・デ・イタリア14】新城がクラッシュで大ケガ…大丈夫か? | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ジロ・デ・イタリア14】新城がクラッシュで大ケガ…大丈夫か?

スポーツ 短信

ジロ・デ・イタリア第5ステージ、嵐の中で痛みをこらえて走る新城。自転車が交換されている
  • ジロ・デ・イタリア第5ステージ、嵐の中で痛みをこらえて走る新城。自転車が交換されている
  • ジロ・デ・イタリア第5ステージ、強風の中でも快調に走っていた新城だったが…
  • ジロ・デ・イタリア第5ステージ、序盤に逃げる11選手の中に含まれる2人のヨーロッパカーの選手
新城幸也(ヨーロッパカー)がジロ・デ・イタリア第5ステージで落車して、右手薬指と小指に深い擦過傷、さらに尾てい骨を強打した。激しい痛みに耐えながら10分33秒遅れの138位でゴールした。

強風の吹きつける中、序盤に11選手の逃げグループが形成され、チームメートのトニー・ユウルとビヨルン・チューラウが入った。タイム差は最大5分ほどしか開かず、終盤の山岳に入る手前で吸収された。

選手たちが山岳に入ると突然の嵐に見舞われた強風に加え、冷たい雨が吹き付けて選手たちの体力を奪う。この時点で集団は3つ、4つと分断され、先頭集団は30人程度。ゴール13km手前でこの先頭集団からチームメイトのダビデ・マラカルネがアタックするが吸収された。

上り基調のゴールを得意とするランプレ・メリダのディエゴ・ウリッシ(イタリア)が第5ステージを制した。

この日の上りゴールのスプリントをチームから任されていた新城だったが、山岳に入る前の補給地点で他選手が捨てたボトルが前輪に入り激しく落車。大きな怪我を負ったが、集団に復帰し、エースのピエール・ローランを山岳の登り口でアシストし、その後は激しい痛みに耐えながらゴール。

ゴール直後は翌日の出走が危ぶまれたが、チームドクターの診断を受け、翌日に自転車に乗ってみて様子を見るという状況。

「今日は最後の上りゴールでスプリントを任されていたのに、残念。あまりの痛みで、今日で終わるかもと言う思いで最後にピエールのアシストをした。とにかく明日、走ってみて判断する」と新城。
《》

編集部おすすめの記事

page top