【ジロ・デ・イタリア14】チームタイムトライアル出走時に先頭を託された新城は「ちょっと緊張」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ジロ・デ・イタリア14】チームタイムトライアル出走時に先頭を託された新城は「ちょっと緊張」

スポーツ 短信

先頭でスタートしていく新城
  • 先頭でスタートしていく新城
  • ジロ・デ・イタリアのスタートを切るヨーロッパカー。右端が新城
ジロ・デ・イタリア第1ステージのチームタイムトライアルで、新城幸也が所属するヨーロッパカーは運悪く終始路面がウエットなコンディションの中で走行し、トップから1分48秒遅れの21位で第1ステージを終えた。

ほぼフラットな21.7kmのチームタイムトライアル。現地時間の18時35分にスタートしたヨーロッパカーだが、滑りやすい路面でコーナーは十分に減速しなければならず、大きなタイムロスを余儀なくされた。前後にスタートしたチームは路面が乾いていたため、タイム差は歴然だった。

「チームタイムトライアルのスタートで1番手を初めて任されて、ちょっと緊張しました」と新城は笑いを見せた。
「運悪くヨーロッパカーのときだけ雨。でも、このとても不利なコンディションにもかかわらず、タイムトライアルのスペシャリストもいないチームなりによく走れた。ほかのチームと同じ条件で走っていれば、1分はタイムが縮まっていたと思う」

それほど自らもチームメートも調子がいいという。
「だからこそ、前半は冷静に(エースの)ピエール・ローランを守りながら静かに様子を見て走りたい」

第1ステージを終え、自分の体調を確認した新城は今後の走りについても語っている。
《》

編集部おすすめの記事

page top