eスポーツの認知率が4割を超えるも、スポーツ競技とはとらえにくい…eスポーツに関するアンケート調査 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

eスポーツの認知率が4割を超えるも、スポーツ競技とはとらえにくい…eスポーツに関するアンケート調査

ライフ 社会
マイボイスコムが「eスポーツ」に関するインターネット調査を実施したところ、eスポーツの認知率は全体の4割強だった。回答者数は10,514名。

まず、直近1年間のゲーム頻度を調べたところ、「直近1年間にゲームをした人」は全体の4割だった。男女別・年齢別に見ると、男性10・20代で8割弱、男性30代や女性10・20代は各6割強が直近1年間にゲームをしている。

eスポーツの認知率を調べた結果では、eスポーツについて「どのようなものか知っている」と回答したのは18.5%だった。「名前を聞いたことはあるが、どのようなものか知らない」25.4%と合わせた認知率は43.9%。直近1年間にゲームをした人の認知率は6割、ゲームをしていない人は3割強となっている。

eスポーツに対する興味度は、「興味がある」「まあ興味がある」を合計した「eスポーツに興味ある層」は6.0%だった。「興味がない」「あまり興味がない」を合計した「興味ない層」が、81.3%を占めている。興味あり層の比率を見ると、男性や若年層で高く、男性10・20代で3割強となった。

eスポーツに関する考え方を調べると、「ゲームは遊びのひとつであり、スポーツ競技とはとらえにくい」20.1%、「eスポーツという名前からは、ゲームの対戦競技をイメージしにくい」19.3%、「実際に身体を動かすことがメインではないので、スポーツ競技とはとらえにくい」15.4%となった。

eスポーツについてやってみたいことは、「試合をテレビで観戦する」「eスポーツに関することをインターネット等で情報収集する」「試合をネットの実況動画、ストリーミング配信で観戦する(YouTube、Twitchなど)」が各3~4%となっている。

eスポーツの普及を進めることについては、「賛成」「どちらかといえば賛成」を合計した「賛成意見」は1割強だった。「反対」「どちらかといえば反対」を合計した反対意見は2割強。最も多かった回答は、「どちらともいえない」で67.1%を占めた。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

まとめ

ライフ アクセスランキング

  1. 女の子のかわいい名前ランキング…2位は「かのん」1位は?

    女の子のかわいい名前ランキング…2位は「かのん」1位は?

  2. オークランドに着いたら、まずは「スカイ・タワー」へ行こう…僕がニュージーランド観光で後悔していること

    オークランドに着いたら、まずは「スカイ・タワー」へ行こう…僕がニュージーランド観光で後悔していること

  3. 名字アクセスランキング、不動の「佐藤」、2位に激レア「八月一日」

    名字アクセスランキング、不動の「佐藤」、2位に激レア「八月一日」

  4. 警視庁、7/20に東京五輪テロ対策の大規模訓練…浅草で交通規制

  5. 1964年と2020年の東京オリンピックに共通する、日本が抱え続けている課題とは

  6. ジュニアスポーツ団体、アマチュアスポーツ選手に助成金交付…ノエビアグリーン財団

  7. 車につられて渡り始める歩行者、歩車分離式信号は左折に要注意

  8. 交通安全フォーラム「自転車の安全利用」…ゲストに安田大サーカス団長

  9. 2016年男の子のかっこいい名前ランキング、2位は「あおと」1位は?

  10. 全国名字ランキング、1位は「佐藤」…最下位は?

アクセスランキングをもっと見る

page top