東京オリンピックマスコットのミライトワ、ソメイティを描いたJALデカール機が就航 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

東京オリンピックマスコットのミライトワ、ソメイティを描いたJALデカール機が就航

ライフ 社会
日本航空(JAL)は、東京都や東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会とともに、開催2年前を迎える「東京オリンピック・パラリンピック競技大会」への機運を高めるべく、様々な取り組みを実施する。

7月24日(火)からは、大会マスコットの「ミライトワ」と「ソメイティ」のデビューを記念して、ミライトワとソメイティを描いたデカール機が東京(羽田)、大阪(伊丹)、札幌(新千歳)、福岡、沖縄(那覇)など国内各地に就航。マスコットを描いたボーイング777-200型機で、空からも東京オリンピック・パラリンピックを応援する。

また、7月24日(火)~9月6日(木)まで、大会2年前をテーマにした大規模な空港装飾を羽田空港国内線第1ターミナルにて行う。JALがサポートするアスリートの横断幕や、マスコットを活用した展示などを展開する。

7月28日(土)~29日(日)には、「2Years to Go! JALスペシャルイベントin羽田空港」を羽田空港国内線第1ターミナル2階の中央イベントスペースにて開催。スペシャルゲストと共に、VRフェンシング体験やJALネクストアスリートマイルへ寄付すると抽選会に参加できるイベントを実施する。さらに、7月30日(月)~31日(火)は抽選会イベントを行う。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

まとめ

ライフ アクセスランキング

  1. 【オビナタの世界放浪記】ブラジル最大級のスラム街「ホシーニャ」に行ってみた…盗電のオンパレード

    【オビナタの世界放浪記】ブラジル最大級のスラム街「ホシーニャ」に行ってみた…盗電のオンパレード

  2. テニス全豪オープンのWi-Fi利用状況…会場内で接続されたデバイスは7万7000台

    テニス全豪オープンのWi-Fi利用状況…会場内で接続されたデバイスは7万7000台

  3. 1964年と2020年の東京オリンピックに共通する、日本が抱え続けている課題とは

    1964年と2020年の東京オリンピックに共通する、日本が抱え続けている課題とは

  4. 空中で植物を育てる?新発想栽培キット「LYFE」

  5. 健康管理を一緒に取り組みたいのは松岡修造…健康管理に関する調査

  6. アンダーアーマー ウーマンズ、馬場ゆかり、岩出玲亜ら女性8人による新キャンペーン開始

  7. 女子小学生、スマホ使用率が1年で倍増…初のパソコン超え

  8. ジュニアスポーツ団体、アマチュアスポーツ選手に助成金交付…ノエビアグリーン財団

  9. 南オーストラリア州アデレード進む、レンタル自転車

  10. 乃木坂46・生田絵梨花、堀北真希の妊娠に「エアウィーヴはお子さん用もある」

アクセスランキングをもっと見る

page top