南野拓実のザルツブルク、同一資本のライプツィヒとCL同時出場が可能に | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

南野拓実のザルツブルク、同一資本のライプツィヒとCL同時出場が可能に

スポーツ 短信
南野拓実 参考画像(2016年12月8日)
  • 南野拓実 参考画像(2016年12月8日)
欧州サッカー連盟(UEFA)が6月20日、レッドブル・ザルツブルクとRBライプツィヒの2017-18シーズンUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場を認める決定を下した。

南野拓実が所属するザルツブルクはオーストリア・ブンデスリーガで優勝。ライプツィヒはドイツ・ブンデスリーガで2位に入りそれぞれ来シーズンのCL出場権を獲得した。だが両クラブはともに飲料メーカー大手のレッドブルを事実上の親会社としており、同一資本の2クラブが出場することを禁止する大会規定に抵触するのではと議論になっていた。

どちらか一方しかCLに出場できないのではとファンに気を揉ませた問題だが、UEFAは公式サイトで「大会規約の第5条(大会の完全性)の規定に違反はなかった」との見解を示している。

今回の決定に関して『BBC』は、「レッドブルは2005年にザルツブルクを買収して名前を変更したが、現在はクラブへの支配権は持たず単にスポンサードしているだけである」と伝えた。

UEFAの考えではクラブに支配権を行使できる存在は、クラブ総収入の30%以上を出資する個人または法人が目安になる。このラインを超えないようにレッドブルは動いてきた。


両チームのCL出場が決まったことにファンからは、「このために以前から用意周到に立ち回ってきたからね」「南野はしっかり結果残して、ライプツィヒは旋風を起こしてほしいね」「ライプツィヒ、ザルツブルク問題は解決したか」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top